空ヲ想フ

声優さんが好きだけれど、それだけで生きてるわけでもない。好きなこと嫌いなこと、いろいろ書きます。だって、人生折り返しだもの(笑)。

永久欠番

教科書に載る前から知っていた……

いや、アルバム出てすぐに買ったので

あの頃、ワタシは若かったけれども

↑つっても大人でしたが。

初めて『永久欠番』を聞いて、歌詞を読んで

なぜか、ずっと心に残ってた。

 

それがずっと今頭の中をぐるぐるしてる。

 

どんな立場の人であろうと

いつかはこの世におさらばをする

たしかに順序にルールはあるけど

ルールには必ず反則もある

 

街は回ってゆく 人1人消えた日も

何も変わる様子もなく 忙しく忙しく先へと

 

そして、悲しい歌詞が続くけれど

最後には

 

100億の人々が

忘れても 見捨てても

宇宙の掌の中

人は永久欠番

宇宙の掌の中

人は 永久欠番

 

 

……

泣きそうだったワタシが救われた瞬間だった。当時。

 

 

 

 

 

 

すっかり松来ロスになってしまったのだけれど

初めてなんだ、こんなの。

本田美奈子ちゃんが亡くなった時も悲しかったけれども

松来さんはね、毎週だったの。

毎週金曜日になって

パソコンをつければ、声が聞こえてきて

そりゃ、正直に言う。

松来さんが療養に入って

2回くらいは、二人だけのチェリベも新鮮な感じがした。

でもだめなんだ。

うーん、だめってことはないけれども(^_^;

何て言ったらわからないけれども

二人でのラジオはやって欲しいと思うけれども

それはチェリベではないんだ。

「企画部員です。松来未祐です」

の松来さんがバランサーだったんだ、チェリベでは。

 

毎週、聞こえていた松来さんの声がもう聴けない。

でもチェリベや玉ニューで演じられた

松来さんのキャラがポンポン脳内で甦る。

 

今後、チェリベはどうなってしまうのかな。

そして、みゆきさんの永久欠番を思い出す……のだ。

 

 

広告を非表示にする