空ヲ想フ

声優さんが好きだけれど、それだけで生きてるわけでもない。好きなこと嫌いなこと、いろいろ書きます。だって、人生折り返しだもの(笑)。

ワタシも騙されるようにはならない、たぶん

こんなのを見ました。

 

news.goo.ne.jp

 

あー……なるほどねぇ。難しいなあ。

 

80代でパソコンを使っていて

自分で修理に訪れるという、このお父さんに

ワタシは拍手を送りたいのだけど。

 

(うちの80代の父はパソコンなんて扱えません。

携帯だって20年以上、メールを読むことさえ出来ずにいました。

メールを送るとかとんでもない。

電話帳から電話もかけられませんでしたよ( ̄∇ ̄;)

今は、なくして解約したので持ってませんが

最後まで、番号ひとつひとつ押してかけてました)

 

 

 

PCデポ。自転車で何とか行ける距離にあります。

一番最初にスマホを買おうと思った時に

イーモバイルの機種が置いてある、とのことで

行ってみたことがありました。

「自分の好みと合ったら買おうかな~」

と、そこそこ気合い入れて行ったんですが……

普通のお店だと、呼ばなくても店員さんが寄ってきて

あれやこれや説明してくれるじゃないですか。

あれって、買う気がない時は迷惑だけど(笑)

知識に自信がなくてそこそこ買いたい気分の時は必要なんだ、と思いました。

PCデポで、スマホを見ていましたが

店員は棚入れするだけで、全く話しかけてはきません。

で、知識がないので、質問するにも何を質問していいかわからなかったワタシ……。

30分くらい店内をウロウロしてましたが

結局、あー、ここってそういうお店なのね、と

知識がある人が店員のサポートなしで買う店だから安いのかーと

ワタシはそう思って、店を後にしました。

とりあえず、触ってみることが出来たし、

あとはネットで調べてネットで買ったんですけどね。

 

ということはPCデポでの店員のサポート代が月15000円ってこと?

そ、そ、そら、高いなー( ・_・;)

 

 

うちの母親は……(生きてれば、今77歳)

割と若い時から、訪問販売に物を買わされてしまう人でした。

ワタシが子供の頃はミシン。

「このミシンは一生持ちます」と言われて買いました。

確かに、その後、家庭科の授業で、ワタシは役立ちましたが

もうそのミシン会社はありません。

今、壊れて、修理出すのに迷って放置中。

 

その後、羽毛布団。枕・掛け布団・敷き布団(各1つずつ)で

50万円くらいのものを買わされました。

 

その後は、浄水器

 

まあ、上記3つは当時よくわからなくて買ったということもあります。

よくわからなくて、というのは、出始めだったんです。

ミシンもボタン1つで動くミシンで刺繍とかボタン穴とか

できるミシンは画期的だったそうだし

羽毛布団もその頃は全然出回ってない時。

こんなフワフワな布団あるんだー、的な。

浄水器もそうでした。

そんなのつけてる家はまだなくて

千葉もその頃の水道水はまずかったので

少しでも美味しくなるなら、と。

 

で、まあ、そこそこ役には立ったわけですが

そんな数十万出さなくてもいいよな、と

ワタシなら絶対に買わないよな、と今でも思ってます。

 

その後……

 

浄水器。ワタシはその場にいなかったので

よくわからないんですが

母の話だと

浄水器の点検に来た」

「古くなったから取り替えるって」

「前の会社と変わったんだって」

そんなことを言ってたと思います。

ある日、帰ると新しい浄水器がついてました。

ワタシは取り替えるってフィルター程度かと思ってたんですが

その時に50万円のローン契約を結ばされていました。

まだしっかりしていた父親がその日の夕方気づいて

「いらないからすぐにはずしに取りにきて」と言い

クーリングオフ出来ました。

 

母親が亡くなる数ヶ月前には

布団屋さんが来ました。

この布団屋さんは、母が持ってる布団をめちゃくちゃ誉めつつ

「病気療養中だったらフワフワのお布団で眠りたいでしょう」

的なことを言われて……うちの母親、その気になりかけてる時に

うちの父親が帰宅し、これも難を逃れました。

提示された布団は二組で100万円の布団だったようです。

 

 

父親は生活に余裕がないから、騙されないでいます。

でも、セールスマンが来ると2、30分、相手をします。

すぐにきっぱり断ることが出来ません。

以前、後に本人は全く覚えてませんでしたが

夜、8時頃、居間に行くと、知らないにーさんがいました。

夜、8時ですよ?

「電気の点検をさせてください」

「電気代おいくらですか?」

「え、そんなに高いんですか?」

「今、この地域でオール電化の無料キャンペーンを行ってまして」

「電気の点検」と言われたから

家にあげた、と父は言ってましたが。

結局、そのにーさんはワタシが

「まだいるの? もう夜9時半なんだけど、非常識じゃない?」

と、冷たく言うまで居座ってました。

(最初はワタシも客向けの猫発揮してましたよ、もちろん)

無料キャンペーンも

『取り付けるのは無料ですが、何やかんやで70万円になります』

『でも本当なら100万円以上するものなんです』

ってな罠でした。

最後、にーさん泣き落としに入ったけど(笑)

「あーそー、大変だねー、頑張ってねー(棒)」

と、笑顔で送り出しました。

 

年寄りは話し相手がいなくて淋しい……

というのはあながち間違ってないかもしれません。

うちの父親はセールスマンに

やたら自分の自慢話をします。

「俺は若い時、何たらで~、だから~」

家じゃワタシも何度も同じ話には「あーはいはい」なのでね。

でも、お金がないのはわかってるのと

自分で何も決められない性格なので

大概「子供に聞かないとわかんない」という理由つけて

断ってるようです。

かなりの自慢話聞かされて

相手のセールスマンは無駄骨です(^▽^;)お気の毒~。

もし、うちの父親PCデポ

月1万5千円の契約させられそうになったら

すぐに断ると思います。

だって、月々のお小遣い、2万円ですから(笑)。

その時に「子供が2万円しか小遣いくれないから」

くらい言いそうだけどね3(-_^;)

 

 

 

ワタシも年取ってもお金はないだろうから

ない金は出せないから騙されないと思ってます。

年金だって、国民年金で途中全額・半額免除期間あるから

微々たるもんだし。

何かよくドラマとかに出てくる

ガンコケチババアになりそうな自覚もあるが……( ̄∇ ̄;)

守るものがないって強い(あれ?意味が違う?)。

そういや最近、セールスが来た時、敬語を使わなくなりました。

敬語で話さないと、割と早く引いてくれます。

「あ、いらない」

「興味なーい」

みたいな感じで。

新聞のセールスは「○○新聞、面白くないんだもん」

って言ったら二度と来てません。

 

 

 

でもPCデポの話は難しいですねぇ。

80代だとしても、未成年とは違うから

この方がサインしてしまったらどうしようもない。

だからこそ、家族が注意しないとですねぇ。

契約する前に。

でも月々15000円のサボートと解約料20万円って、

どんな内容で何でその値段なのか聞きたいなあ。

月々15000円のサポートで、

毎年新品のハイスペックなパソコンくれるってんなら、まだいいけどねぇ。

他にいないのかしらね?

これから出てくるかなー?

でもこういうの若い人にはすすめないのかもね。

ワタシが行った時も、迷いなく買い物してるPCに詳しそうな

若い男性のお客さんしか店内にいなかったもの。

まあ、とりあえずワタシの父親が万が一PCを買うと言い出したら、

自分のPCは店舗で絶対に買いませんが、父には

迷わずケーズデンキに行け、と言いますね(^^ゞ

絶対一人では行かないと思うけど。

(買う決断が自分一人では出来ない人)

つーか、絶対に言わない。PC買うとか(笑)。