読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空ヲ想フ

声優さんが好きだけれど、それだけで生きてるわけでもない。好きなこと嫌いなこと、いろいろ書きます。だって、人生折り返しだもの(笑)。

意味なしな市民の声を聞く課?

友人の話。

 

長らく消えたまま放置されていた

家のまん前の街灯の電球が

最近、やっと取り替えられたらしい。

 

友人は切れているのは知っていた。

でもどこにも申し出なかった。

 

なぜならば、その街灯の電球が点くと

眩しすぎて、安眠出来ないからだ。

 

だから、切れても気づかぬフリを通していたらしい。

 

 

が、最近、誰かの申し出により、電球が取り替えられた。

 

 

ま…、ま…、眩しい。

今ある遮光カーテン(2級)だけじゃ、眩しくて眠れないので

突っ張り棒をつけて、使ってないタオルケットを窓のところにかけたらしいが

 

それでも、眩しい!

 

ということで、まずは町会の会長さんに言ったらしい。

でも「一人だけ勝手なことを言われては困る。カーテンで対処して」

と、むげ無く言われたらしい。

 

 

ネットで検索してみると、

どこかの市役所では『街灯が眩しい』ということを訴えてきた市民に対し

市役所は該当の街灯に傘をつけてくれた、という話が出てきた。

 

 

ということで、友人は、市役所の

『市長への手紙』=『市民の声を聞く課』に

メールを出してみた。

友人も忙しい身なので

『何か改善できるのであれば返信が欲しいけど

何も改善出来ないなら返信はいらない』と書いて。

 

 

そしたら、留守番電話にメッセージが残されていたらしい。

『お? これは何か改善策があるのか?』と

期待したが、何せ友人も平日のフルタイムは仕事で

仕事中は携帯は全く使えないので

市役所に折り返し電話をかける暇がない。

 

 

何回か市役所からの着信は残っていたが

結局、改めてメールを送ることにした。

 

諦める、ということを書いて。

 

 

確かに、たまに入ってくる、市議会議員の報告で

 

その地区の、

 

街灯が明るくなって嬉しい

 

とか、

 

そんな声が上がっていたのを友人は読んでいたし

市役所から返信が来たということは

何か改善策があるのだろう、とは思ったが

なにぶん、市役所からの電話は平日の昼間で出られないし

市役所が開いてる時間に電話も出来ないので

諦めのメールを送ったんだそうだ。

 

 

そしたら、昨日の夜遅くにLINEが来た。

 

 

『何か市役所がうちの町会に確認をしたら

「明るくなったのが嬉しい」という声もあるので

ご理解ください、って書かれてた』

『じゃ、返信が来たのは何だったの?

 はなっから改善策なんてなかったんだねー。

 改善策があるなら返信希望って書いたけど

 ポチッと選択する箇所があって

 そこで返信希望のところ選択したから

 改善策もないのに連絡来たんだよ、きっと』

『結局、街灯に関しては自治会の管轄だから

 市民の声を聞く課っつっても、ただ聞くだけなんだよ』

※書かれてた文章の感じは変えてます。でも多分こんな感じ。

 もっと支離滅裂な感じでしたが。

 

大層、ご立腹(と、文章から読み取れた)&ガッカリ感が漂ってました。

 

 

ワタシも、眩しいと眠れない派なので

気持ちは分かる。

1級遮光カーテンって案外高いしね。

アイマスクとかうっとうしいし。

 

 

でも、友人も、町会とゴチャゴチャするのは

もっと面倒くさいと思ってるので

とりあえず、遮光カーテン代ためるそうです。

 

ワタシも友人も、下層家庭です( ̄∇ ̄;)

食費、月2万円以下、光熱費、目指せ1万円、こずかい5000円、みたいな。

確かに、お互い、住民税がかからないくらいの収入でやりくりしてるから

税金も払ってない市民の言うことなんて

と、思われても仕方ないかもなあ~、なんて思いますが。

 

でもさー、思うのは

友人が眩しくて不眠症になって、

それ以上に医療費がかからないといいな、ということ。

医療費がかかったら、船橋市も払うんだから、7割は。

 

それにねぇ、街灯に傘つけるなんて簡単じゃん? なんて思うんだけど。

 

そしたら、星もよく見えるようになるしね。

昔、二人でプラネタリウムに言った時に

プラネタリウムで話していた。

 

『昔の街灯のように、街灯に傘がついていれば

 少ない明かりでも人間が歩く道路はもっと明るくなり

 今よりも防犯上安全になるし

 空には光が漏れず、暗くなるから、

 東京でだって、満天の星が見えるのです』と。

 

あれは、埼玉のプラネタリウムだったっけなー。

戦後、頑張って、こんなに便利に国にしてくれた

先輩方には感謝はするけど

温暖化とか、光害、とか

なくしたものもたくさんあるんだよね。

 

でも所詮ワタシは自らでは何も出来ないレベル。

住民税も払ってないし、文句は言えないわな。

 

このまま用意された土台の上と、空気の中で

人に迷惑をかけず一所懸命生きて寿命を全うするのみ。

 

あ~早く…………………………………

お役目を終えたい、とは思うかも。