読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空ヲ想フ

声優さんが好きだけれど、それだけで生きてるわけでもない。好きなこと嫌いなこと、いろいろ書きます。だって、人生折り返しだもの(笑)。

一つ諦める、ということは

一つ楽しみが減った、ということなんだな。

 

それが続くと、あんなに夢中になってたものでも

一つ一つ楽しみが減っていき、

いずれ、何とも思わなくなる。(か、殿堂入り行き)

 

むかーし、二次創作にハマりたての頃、

コミケというものは知ってはいたけれども

ワタシには無縁のものだった。

ネットにあげられてる二次創作を読んで

作家さんにメールやBBSで感想とか送っていたわけだけど。

それらの季節になると「コミケ当選しました」と報告される。

 

もちろん、コミケ終了後、通販という形を取ってくださるサークルさんもいて

そちらは問題ないのだけど

そうじゃないサークルさんの場合

当日、コミケ会場でしか配布されない、とか、販売しない、とか

そうなった場合に、ワタシは一つ二つ、諦めることになるのだ。

 

なぜならば、コミケ会場には絶対に行かない、からだ。

 

中にはコミケで購入した同人誌に書かれたパスワードがないと

入れないページをサイトの中に作られたりしてしまうと

諦め感は、一つ二つどころではなく……

あーもーいーや、くらいの大きさになったりして。

 

もちろん、そのサークルさんの考えることがあって

楽しくサークル活動されていて

自分の書(描)かれたものを無条件に受け入れてくれる方向きに

いろんなサービスをされたいのだな、ということはわかるので

ワタシは単純に諦める、だけだった。

 

 

何か冬コミの季節になって

そんなことを思い出した。

 

いや、ダイヤもコミケがどうのって出てたので

それで思い出したんだけども。

 

今は、もうグッズとかほとんど欲しいと思わないので

(ガチャくらいは、あれば1.2回やるけど)

どうでもよいことだけど。

 

 

あ、ライブチケットがはずれたり、取れなかったり、も

諦めの一つ、だね。

ファンクラブに入ってての優先チケットが

全然取れなかったりすると、

いつのまにか、諦めが積み重なって、もういいや、とか。

 

そんなことも、最近は、ないけれども。

なぜなら、ライブも劇場も、もうほとんど行ってないから。

 

若いうちに遊んでおけ、とはよく言ったもので

若いうちにそんなことにお金をたくさん使いまくっていたので

今は、全然行きたいと思わなくなった。

 

年とるってそういうことなんだなあ、と

日々感じる今日この頃。

 

でも諦めるのも、悪くはないなあ、と思う。

諦められない方が、きっと辛くて苦しい。

若い頃は苦しかった(笑)。

 

広告を非表示にする