空ヲ想フ

声優、役者、アニメ、マンガ、ドラマ、小説…、現実とは違う世界が生きる糧

VS嵐in神谷浩史

【スポンサーリンク】

いや~持ち上げられてましたね笑。

『神谷さんがカニで俺たちはカニカマ』とか。

川島さん、ありがとう笑。

 

そして、ヒロCも、とっても元気でした。

ピンボールランナーではすごく声通ってたし

キッキングスナイパーでは

「神谷さん、的見えてましたよね?」

って突っ込まれてたし笑。

ボンバーストライカーは

パーフェクト取って、一回転してるし。

 

アテレコ劇場では本領発揮。

始まりのBGMが『しろくまカフェ』の予告の曲だった上に

ヒロCの声で『櫻井!』というと

それは、翔くんではなく、孝宏だー

と、声優ファンは思っちゃうわけですけど笑。

 

あと、アフレコの真面目な話もしていて

アニメや声優好きならもう知ってる話だけれど

ああいう無縁の人が多いところで

知ってもらえるのは、いいことだ、と。

だって、俳優さんのアフレコって

たとえ、他のキャストさんと一緒の収録だとしても

ちゃんと専用マイクがあるのでしょう?

4つのマイクを入れ替わり立ち替わり使って

声を入れる、なんてことは

声優さんしか出来ないし

これは声優さん独自の技術だと思います。

 

だから、俳優が声の仕事をする時に

『声優やりました』って言うのが

私は、とてつもなく嫌いです。

「○○の声をやらせていただきました」とか

「声の仕事に挑戦しました」とか

なら、いいんですけど。

 

と、単なるファンなのに

熱くなっちゃうんですけど……苦笑。

 

いや~見る前はドキドキしてたんですけど

すごーく、いい感じでしたよね。

声優さんがバラエティに出ると

声優ってことを最大限に利用させられたりするけれど

今回は、そういうこともなく

チーム全体で盛り上がる感じで

チームの一員として参加して

声優ってことで浮くこともなく

その中でニコニコ笑ってるヒロCがとてもよかった。

 

しかし本当に何で出ることになったんですかねぇ?

それが本当に意外すぎてわからない。

おしゃ5聞けばわかるのかなあ笑。

でもおしゃ5ってそういのに限って

ノータッチだったりするしなあ。

もう3年くらい聞いてないけれど

今、も昔と変わらずですか? おしゃ5笑。

 

まあ、でも、これまで

バラエティって、誰もが知ってる

すごく上の世代が出ていて

この世代(神谷とか櫻井とか鈴村とか)って

やってきたアニメのジャンルも

一般的なアニメではなかったりして

ノータッチだったと思うんですよね。

 

たまには、いいかな?

バラエティのイメージが強くなりすぎると

ちょっと困ったことになりそうだけれども。

 

次は、トーク番組とかがいいなあ笑。