空ヲ想フ

声優さんが好きだけれど、それだけで生きてるわけでもない。好きなこと嫌いなこと、いろいろ書きます。だって、人生折り返しだもの(笑)。

びえると、びえるでない、の境目は?

最近、同性愛を扱ったドラマが

ポチポチ出てきました。

 

私がBLというジャンルに足を踏み入れたのは

単純に好きな声優さんがやっていた

BLのドラマCDが最初でした。

 

BLに限らず

アニメから入って原作を読む

と、いうことを普通にしてたので

BLも原作読んでみよー、と思いまして。

 

で、読んでみて

「性別を超えたロマンティック作品」と

いう感じがしました。

 

なので、その頃はひっそりBLを楽しんでる人たちを

腐女子、と呼んでいた時代でしたが

私は特に隠しもしませんでした(笑)。

 

ただ、全くそのジャンルに興味がない

否定的な人たちからすれば

引いた目でも見られました。

 

その数年後

テレビで『腐女子』という言葉が

頻繁に取り上げられた時

(また間違ったヲタク女子=腐女子、という

間違った解釈で取り上げられた時)

ボーイズラブの説明まで

情報番組でされちゃった時には

 

なーんか、いや~な気持ちになったことを

覚えています。

 

秘密の花園を荒らされたような?(笑)

 

いやいや、私は隠してなかったけれども。

 

 

昨今、「おっさんずラブ」とかで

さぞかし、私が喜んで見てるだろう、と

私が腐女だと知ってる人は思ってるようだけれど

 

 

うーんとね。

ちょっと、違うんだなあ。

 

私、「おっさんずラブ」は1話しか見てませんから。

ハマれませんでしたから。

 

私の中でBLはファンタジーなので

リアルとは違うのです。

世の中にはLGBTの方たちがいて

その方たちは、ファンタジーとは違います。

 

で、「おっさんずラブ」はリアルの方だと思ったんです。

 

相手がリアルの場合

それはBLではなく、もうドラマです。

普通のドラマです。

普通のドラマとして楽しめるかどうか。

で、「おっさんずラブ」は

私好みのドラマではなかったんだと思います。

 

で、「きのう何食べた?」ですが

こちら原作者が元々BLも書いているとのことですが

BL以外の作品でもLGBTの人たちが出てくる、とのことなので

何となく、橋渡し的な作品な気がしてます。

 

話としては、楽しいです。

BLにもよく出てくるシチュエーションだったりして。

それでも、あの二人が演じることで

妙にリアルっぽさも、あり。

 

ちなみに、BLというジャンルでは

エチシーンが欠かせません(笑)。

(えげつないものもたくさんありますし)

ドラマCDではまあ、ほぼ再現されます。

BLアニメでも、まあギリギリまで描かれてます。

でも地上波のドラマでは、無理でしょうね。

BL実写映画でさえも、その辺ふんわりしてたりしますから。

ふんわりしてても、そのシーンがあるのが、

BL実写映画、かな。

境目はこの辺? いや、わかりません(苦笑)。

 

にしても、これら、同性愛のドラマの出現で

BLの世界も変わっていくのかしら?

声優の世界では、若手の登竜門的なジャンルでしたよね。

私、BLを聴かなければ

さくちゃんも、すずちゃんも、森川帝王も

ここまで好きにはなってなかったかなー、と思います。

(あ、ヒロCは全く別方向からファンになったので/おしゃ5です。)

 

ちなみに、にわか腐女の私は。

  1. 男子二人を見てBL妄想することはありません。
  2. ただ男の友情は大好物です。
  3. 健全なマンガの健全な男子の友情を、愛情にしてしまうことは稀にあります(笑)。
  4. 自分からBL(マンガ・小説)を開拓することはないです(ほぼ声優きっかけです。故に最近はBLには触れてません)

てな、感じです。

 

 

 

さてさて、増えてきたんですよ。

すごいねすごいね。強いね強いね。

何か嬉しいです。

私も頑張ろう。


f:id:tukikanasoraomoi:20190418140437j:image


f:id:tukikanasoraomoi:20190418140513j:image